UNICON

ユニコンは、ユニバーサル合コンの略で、みなさんに親しんでもらいたい想いで付けた愛称です。ユニコンは、障がい者手帳をお持ちの方(みえない、きこえない、車いすユーザーの方、心や気持ちに病気を抱えている方、コミュニケーションに少し特性をもたれている方など)でもそうでなくても、どなたでも交流していただける、街コンイベントです。

ユニコンを開催する意味と意義

人は、みなそれぞれ個性や特性をもち、社会はその多様性を育む環境です。生まれながらに、また途中から病気や怪我などで不自由さを抱えられている方は多くいます。
身体障がいの方では350万人以上、知的障がいの方で55万人、精神障がいの方で320万人。日本の教育において特別支援学校は、困難さを克服し自立を図るために必要な知識技能を授けること、個別性を尊重する意味でもありますが、それらの個性が社会と交じり合うことは少ないように思います。
このイベントでは、出会わなくなってしまっている障がい者・健常者の方たちが分け隔てなく、交流・友情、はたまたそこから生まれる恋愛、そんな、「自己実現」を、心よりサポートするものです。

ユニコンのきっかけ

ユニコンを最初に開催したきっかけは、特別支援学校から普通の高等学校に入り直した友人(脊髄性筋萎縮症で寝たきり)が、「彼女欲しいなぁ」って言ったのがきっかけでした。彼自身、わずかに動く指などを駆使して絵や動画、文章を描くカッコヨク尊敬できる人間。こういう夢を描く、そしてちょっと個性的な人と、もっと多くの人に会ってもらいたいと思いそれを実現しました。

今まで開催してきたユニコン

私たちi-link-uは、これまでに二子玉川、立川、代官山などの街で、⒓回のユニコンを実施し、今まで多くの障害者と健常者の方たちの交流・友情・恋愛を育み、サポートしてきました。

i-link-u 代表
高野朋也